草加・八潮市民葬祭が行う葬儀は、どのようなものですか?
お葬式にかかったた費用は、全国平均で188万9千円です(日本消費者協会調べ)。
しかし近年の傾向としては、家族や親類、生前特に親しかった方々だけで行う小さな葬儀が主流となっています。
もちろん故人への最後のお別れの場として格式高い葬儀もありますが、 100人のご遺族がいればあれば100通りのお別れの形があってよいと思います。
大切なのはお金の多寡ではありません。費用を抑えた葬儀でも、十分心のこもった葬儀ができると考えています。
値段が安すぎると逆に不安なこともあるのですが…?
かつての葬儀社の中には、見積もりが大雑把で全体の料金も高く、不透明なところがあったのも事実です。
そのため、葬儀が終わった後に高額請求となるケースもあり、それがお客様の不信感につながっていました。
しかし今ではインターネットなどでさまざまな情報を調べられることもあり、極端な業者はあまり見られなくなってきています。
私たち市民葬祭では、お見積りの段階で「何にいくらかかるのか」を明示し、料金に関して不透明な部分をなくしています。
市民葬祭では公共施設を利用したり、全国ネットワークで仕入れ価格を下げるたりするなど、 お葬式にかかわるコストをできる限り下げる取り組みを行っています。
市民葬祭では葬儀価格の透明化を行い、本来の適正価格をご提案していると考えています。
自社の葬儀場はありますか?
市民葬祭では、維持費などがかかる自社ホールなどは持っておりません。
利用料の手頃な公営のホールでも設備などが見劣りするわけではありませんので、十分立派な葬儀を行えると考えています。
また公営ホールのない地域では、民間のホールを使用いたします。
草加市は公営ホールがありませんので、民営の谷塚斎場を使用いたします。
公営ホールを利用するメリットは?
斎場の敷地内にすべての設備が整っているため、通夜→告別式→火葬をすべてを1か所で行うことができます。
そのため、移動のためのマイクロバスやタクシー、霊柩車などを用意する必要がありません。
なお谷塚斎場の場合も同様に、敷地内で行います。
料金面のほかに、移動時間や体力面からご高齢の参列者にとっても負担が少なくて済みます。
お布施が高額で困っています。
お布施はお気持ちでとはいうものの、20万円~が暗黙の了解となっているようです。
菩提寺がない方の場合は、市民葬祭の理念に共感いただいている全国の僧侶が、 ご家庭の事情によって3万~10万円で読経してくださることもありますので、まずはご相談ください。
お墓がないのですが、葬儀後の相談にも乗っていただけますか?
お墓のご紹介も可能です。永代供養料が10万円~可能です。
また、お墓を持たずに海に墓標を持ちたいという方も増えています。海洋散骨のご紹介もしております。